「コツコツ」こそが、成功の秘訣!そんな「コツコツ流」の奥義をみなさんにお伝えするサイト

2017/10/31

ほとんどの人は努力を続けられへん。(本田圭佑)

 

サッカー日本代表の本田圭佑選手。ぶっきらぼうな印象のその奥に、しっかりとした軸を持っている人。サッカー選手としてはもちろん、「努力を積み重ねている人」として、とても惹かれます。

 

 

 

サッカー選手として、人並み以上の才能があることは疑いがありません。それは、日本代表として、またヨーロッパの名門チームでの実績が物語っています。

 

 

 

夢を実現させた男

 

本田選手は足が速くない。スピードで相手を置き去りにするタイプではありません。強いフィジカルを活かして相手を背負いながら、それでも巧みにボールをキープし、起点になり、キラーパスを出せる。そして強烈なシュートを相手ゴールに突き刺す。そんな選手です。

 

 

 

ガンバ大阪のジュニアユース時代にはスタミナもなく、ユースチームへの昇格は見送られたそうです。かつてはスピードもスタミナも無い選手と見なされ、ステップアップの道を閉ざされたのです。

 

 

 

小学生の卒業文集では「セリエAに入団し10番で活躍する」と書いた本田少年は、その後成長し、セリエAの名門チーム、ACミランに入団し10番をつけたことで夢を実現しました。イチロー選手もそうですが、小さい頃から夢を明確に持ち、その実現に向けて突き進む姿勢は、スーパースターになる人の1つの特長なのかもしれません。

 

 

 

そして本田選手も、イチロー選手と同じように、努力を続けることの重要性を説いています。

 

 

 

 

「努力が人よりも続けられる人は必ず成功する。そして努力の方法が分かっている人は大きく成功できる。理由は簡単で、ほとんどの人が努力を続けられへんから。そして努力を続けられへんのは、目的がないか、目的を見失っているから」(twitterより)

 

 

 

恐らく本田選手は、スピードやスタミナに恵まれたライバルたちに勝つために、目的を明確にし、常に努力を続けてきた人なのだと思います。自身が経営する小学生向けサッカースクールでは、「才能とは生まれ持ったものではなく、環境によって磨き上げられるもの。大きな夢を持ち、物事がうまくいかなかった時にも心の折れない人材を育成し、才能を開花させるために必要な環境、機会を与える」というミッションを掲げています。ここにも、「才能ではなく努力と継続が重要だ」という本田選手の思いが表れています。

 

 

 

才能は、放っておくとそのまま日の目を見ない。努力を積み重ねることで才能は開花する。

 

 

 

一喜一憂してはいけない

 

 

 

また本田選手は、目的を持つことは重要だが、「自分を不必要に追い込むな」とも言っています。これは、若い世代の自殺者数に絡めて発言したものです。

 

 

 

 

成功かどうかは、自分の基準でいい。周りの基準に振り回されて、自分を追い込む必要なんてないんだよ、というメッセージ。

 

 

 

 

つまり、自分でOKだと言えるかどうかが大事。周りからの評価とか誰かとの比較ではなく、今、自分がすべきことを100%やればいいのだ、と。

 

 

 

 

だから、一喜一憂しない。うまくいったら喜ぶけど、喜び過ぎない。喜びすぎると、ダメだったときの落ち込み幅も大きくなります。この上下の振れが大きいと、継続するのが難しくなります。落ち込んでいる間はパフォーマンスも落ちます。それがさらなる精神的な落ち込みを招きます。

 

 

 

一喜一憂せずに、淡々とやるべきことを続ける。淡々とやれる人が一番強い。地味な毎日の積み重ねが、自分を目的地に連れてってくれる。それは自分がOKだと決めた地点でいい。

 

 

 

 

本田選手は「メンタルが強い」と評されますが、一喜一憂せず、ひたすら目的に向かって努力を積み重ねられる姿が、そう周りに言わせるのだと思います。

 

 

 

努力を積み重ねる

 

 

 

現在はメキシコのチームで活躍中の本田選手ですが、ビジネスマンとしての顔も持ち、今後の彼の活動にはとても興味が湧きます。

 

 

 

ビジネスの世界でも、本田選手の「目的に向かって努力を積み重ねる」スタイルは、大きな成果を生むに違いありません。

 

 

 

そのスタイルには、本当に惹かれます。

 

 

 

~コツコツ流のオキテ その十八~

努力を人よりも続けられる人は必ず成功する

 

 

 

コツコツ流お守りなどコツコツ流グッズの公式ショップ

2017/03/14

【才能とコツコツ】他人との比較じゃなく、自分の中でちょっと頑張る

 

 

ひとつのことをコツコツと続けることで、スキルは高まる。

 

そしてさらに続けると、目標達成や夢の実現に近づきます。

 

イチロー選手は、気の遠くなるような努力をコツコツ積み上げたからこそ、あのような大選手になれたのだと思います。

 

しかし、こういうことを言うと「いやいや。世の中にはもともと高い能力を持って生まれた「天才」がいる。イチローはもともと天才だったから成功したのだ」という反論をする人が出てきます。「だから、才能がない者が努力したって無駄だよ」と。

 

もし努力で夢がかなうならば、世の中成功者だらけになるじゃないか、とその人たちは言います。

 

イチロー選手と同じ量の努力を積み重ねたからといって、もちろん誰でもイチロー選手のようになれるわけない。

 

問題はそこではない。

 

イチロー選手にもともと高い能力があったかどうかは、問題ではない。

 

問題は、イチロー選手のような天才でさえコツコツと積み重ねているのに、我々凡人がコツコツ積み重ねずして成果を得ることなどできるのか、ということです。

 

才能の有無ではなく、仕事に取組む姿勢の問題です。

 

 一瞬で成功する方法はない

 

イチロー選手には人より秀でた高い才能があり、かつ、コツコツと努力を積み重ねてきたからこそ、あのような素晴らしい成果が得られたのだと思います。

 

生まれつき高い才能を持っていたとしても、その上に努力を積み重ねなければ、大きな成果は得られません。

 

いわんや我々凡人をや、です。凡人が努力を積み上げず、どうすんねん、ということです。一瞬で成功する方法なんてあるわけがない。欲しくもない。

 

努力したって、全員が成功するわけじゃないだろ、と言う人は、単に自分がサボりたいだけなのだと思います。

 

自分の中でもう少し頑張ってみる

 

イチロー選手自身も、コツコツと積み重ねることの重要性を説いています。

 

イチロー選手は、自身が大会長を務める「イチロー杯争奪学童軟式野球」で、参加した少年たちにこう言ったそうです。(出所:Number Web  2017年2月2日配信 笹田幸嗣=文)

 

「今年メジャーリーグで3000というヒットを達成することができました。こういうことがあると、たくさんの人から褒めてもらえます。そして、イチローは人の2倍も3倍も頑張っているという人が結構います。

 

でも、そんなことは全くありません。

 

人の2倍とか3倍頑張ることってできないよね。みんなも頑張っているからわかると思うんだけど。頑張るとしたら自分の限界・・・自分の限界って自分で分かるよね。

 

その時に自分の中でもう少しだけ頑張ってみる。ということを重ねていってほしいな、というふうに思います。

 

みんなが今、僕を目の前にして・・・・日本のプロ野球で何年かやってアメリカに行って16年終わったんだけども、そういう目に見える結果を残したからそんなふうに言えるんじゃないかって思っているかもしれないけど、それは全く違っていて、僕もみんなと同じように野球少年だったし、ここに今日来てくれた関根選手もみんなと同じ。しかも彼は毎年、1回戦負けの選手でした。ね?みんなの方が成績がいいんだよ。現段階では。

 

彼もきっと人との比較ではなくて、自分の中でちょっとだけ頑張った。そのことを続けていくと、将来思ってもいなかった自分になっている。と僕は思うし、実際、僕だってメジャーリーガーになれると思っていなかったし、アメリカで3000本打てるなんてことは全く想像ができなかったんだけど、今言ったように、自分の中でちょっと頑張ってきた。

 

それを重ねてきたことで、今現在(の自分)になれたと実感しているので、今日はこの言葉をみんなに伝えたいと思います」

 

自分ができることに集中すれば良い

 

他人の評価ではなく、自分の中でもう少しだけ頑張ってみる。ということを重ねる。
人との比較ではなく、自分の中でちょっと頑張ることをコツコツと積み重ねることが重要なのだ、ということです。

 

目標に向かって努力しても、目標に達成できないかもしれない。
達成できなければ、周りは評価してくれないかもしれない。
しかし、だから努力しても無駄だとあきらめるのではなく、自分がコントロールできることに集中すればいいのです。

 

自分の中の限界を少し超えるくらい、コツコツと積み重ねてみる。シンプルなことを繰り返してみる。

 

その姿勢が重要だと思います。

 

~コツコツ流のオキテ その二~

他人の評価ではなく、自分の中でもう少しだけ頑張ってみる。

 

 

 

コツコツ流お守りなどコツコツ流グッズの公式ショップ